うなぎ屋の三代目が綴る、うなぎ、ご飯、食べ物などにまつわるブログ


by eelsuzumo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

庭の水遣り

蒲焼小僧の店は、小さな店舗ですが、庭があります。
小さな小さな庭です。

現代風の庭のような、古典的でありながらモダンといった、格好良いものでもなければ、
きちんと手入れの施された、大きな庭園でもありません。

料亭などで見られる坪庭などには、憧れを覚えますが、
私のところには、坪庭もありません。
石庭や、枯山水などの渋い味わいの庭を持つお店もある中で、
お店から見ることが出来るわけでもない、平凡な小さな小さな庭です。
f0078499_16361846.jpg


でも、この庭には四季と実りがあります。
わずかですが、季節ごとの命の息吹も感じます。
以前に紹介した、山椒の木(木の芽の項参照)も、この庭に植えてあります。

春には、木々が芽吹いて緑が目に鮮やかです。
夏には、そよぐ風が通り、暑さの中での一服の清涼剤になります。
秋には、枯葉が落ちて
冬にはオレンジが実をつけ、その鮮やかな色の実に暖かさを感じます。

庭に水をまくときに、ほんのちょっとした変化に気づくことがあります。
庶民のささやかな歓びですが、自然のことなので、
その不思議さや、力強さに驚かされることも、しばしばです。
f0078499_16363623.jpg

[PR]
by eelsuzumo | 2006-03-18 10:30 | 日記