うなぎ屋の三代目が綴る、うなぎ、ご飯、食べ物などにまつわるブログ


by eelsuzumo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

調味料の話3 みりん

調味料の話3 みりん

味醂(以下みりん)は、とても解りやすくいえば、甘いお酒です。
和食の調味料としては、ポピュラーなものです。
みりんの調味料の特徴としては、独特の甘みとコク(旨味)だと思います。

火を入れることによって、独特の照りや、香りも立ってきます。
うなぎ屋にとっては、蒲焼に使うタレの材料として欠かせません。
もちろん、うなぎだけでなく焼き鳥、串焼きのタレにも使われますし、
焼くという観点からならば、魚の干物(みりん干しなど)に、
醤油などと合わせて使うこともあります。

煮物にはもちろん、優しい甘みとコクのある調味料として重宝します。
蒲焼小僧の使い道としては、だしやお醤油と合わせて天汁にしたり、
丼物の丼ツユなどにも使う、本当に登場回数の多い調味料でもあります。

みりんは便利で旨味のある調味料だと思いますが、難点はお値段だと思います。
特に、一般の家庭で使おうとする場合、安い調味料ではないのかも?
そう思う場合もあります。
同じように甘みを加える調味料の代表の「砂糖」に比べると、
確かにお値段としては高いものになるかもしれません。
(みりんはあくまでもお酒ですので、酒税法の対象となりますから)

みりん、正確には本みりんが「みりん風調味料」よりも高いのは、
スーパーなどで、そのお値段を見ると明らかですし…(^^;)
でも、お値段のことを気にしなくてよい機会には、
その上品な甘みと、コクや照りのために、みりんを使いたいものですが。

ここからは知識として程度にですが、
取引先の酒屋さんに、知恵をお借りして解説すると、
みりんとは…酒税法による酒類の種類のうちの一つ。

みりん(本みりん)は、もち米、こめ麹を原料としたもので、
法律上の分類は、混成酒。
ちなみに混成酒というのは、醸造酒もしくは、蒸留酒に、
香料、草根、糖質などを加えたものと言うことでした。

以上、知恵をお借りした、オマケでした。
[PR]
by eelsuzumo | 2006-04-20 15:48 | 料理のちょいと話