うなぎ屋の三代目が綴る、うなぎ、ご飯、食べ物などにまつわるブログ


by eelsuzumo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

歯医者さん2

前回、お話したように、蒲焼小僧は歯医者さんが苦手です(^^;)
でも、この事は恥ずかしいので、あまり人に言うことはありませんでした。

小学校入学以来、高校を卒業するまでの間、
蒲焼小僧の通っている地域の学校には、
毎年1~2回、または学期ごとに、歯科検診がありました。
歯科検診自体は、全然平気で問題ないのですが、
歯科検診の後は、虫歯の治療のために、歯科医に通うことになるわけです。

それは、当時の蒲焼小僧にとっては、大問題でした。
だって、同級生の女の子が平気な顔をして歯科医院に行っているのに、
自分が歯医者さんが苦手だとは、とても言えないし…、
もちろん友達にも相談できないし、でも苦手なのは事実だし。
子供だった当時の蒲焼小僧にとっては、本当に深刻な問題でした…(^^;)
(男の子って、そういう変なプライドがあったりするものです)

歯医者さんが苦手になった理由…。
それは、幼稚園の頃までさかのぼります。当時のことを両親に聞く機会がありました。

ある年のお正月、確か1月3日の事だったと思うのですが、
歯が痛みだして、熱を持ち、とても我慢できない状態になりました。
熱が出て、顔は倍近くに膨れ上がって、
歯茎も腫れて、膿が出て、炎症がひどい状態だったようです。
両親は、当番医の歯科医院を探したり、市の保健センターに電話したりして、
ようやく、歯科の救急外来のある、総合病院を案内されて、
父の運転で、その病院まで行って治療してもらったのだそうです。

診察・治療してもらった歯科医の先生によると、
歯茎が炎症を起こしていたため、熱が出た、歯茎には、化膿している部分もあった。
ちなみに、その原因が、年末に治療した歯科医の先生の処置の甘さにあったらしく、
蒲焼小僧の家族は、誰もその歯科医院へは行かなくなりました。

この事は、幼稚園のころのことですし、
はっきり覚えていたわけではないのですが、
当時の自分にしてみれば、相当のショックでトラウマになっていたらしく、
ずいぶん長い間、歯医者さんが苦手でした。

現在でも得意じゃない・好きじゃないのは確かですが、
自分自身で、苦手になった理由がわかっていますし、
歯医者さんも知り合いなので、それほどではありません。
[PR]
by eelsuzumo | 2006-05-03 10:31 | 日記