うなぎ屋の三代目が綴る、うなぎ、ご飯、食べ物などにまつわるブログ


by eelsuzumo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

スープの実験の基礎として。

前回のブログでお話したように、
和風のビシソワーズに挑戦することになりました。
細かいレシピはまだですが、骨格と段取りはほぼ出来ました。

可能な限り、画像も準備して、ご紹介するつもりです。

ただ、その前に…。
スープの話をしましたので、手軽に出来るスープを一つ♪
蒲焼小僧の夜食「親子スープ」です。

鍋に出汁を張り、火にかけます。
出汁の中に、鶏ひき肉を加えて、アクをとりながら、
中火で沸騰寸前まで煮ます。
弱火にしてから、ひき肉に火が通るまで煮ます。
塩、醤油で味付けをして、水溶き片栗粉でとろみをつけます。
「かき玉汁」の要領で、解きほぐした卵を加えて完成です。

◎鶏ひき肉は、もも肉のひき肉がもっとも出汁が出ます。
◎胸肉の場合は、やわらかな口当たりになります。
◎コクを加えるには大さじ一杯程度の日本酒が良いです。
◎出汁は自分でとればベストですが、市販のものでも大丈夫です。
(塩分の加減に気をつけてください)
◎不足する野菜類は、乾燥のカットワカメや、ネギを使うと手軽です。

なお。お酒を飲んだ後の「締め」に、このスープをご飯にかけてもイケます。
ラー油や胡麻油を落とすと、ぐっと大人の味です。
[PR]
by eelsuzumo | 2006-05-18 16:26 | 料理のちょいと話