うなぎ屋の三代目が綴る、うなぎ、ご飯、食べ物などにまつわるブログ


by eelsuzumo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

朝ご飯の構成

前回、朝ご飯のお話をしたのですが、その時思ったのは…。
「朝ご飯の基本的なメニューとは何だろう?」いう疑問が浮かんだのです。

朝ご飯の一般的構成とは、どんなメニューになるのか?
今回は、和食ベースに、朝ご飯のメニューについて書いてみたいと思います。
参考にするのに、適当と思われるのは、旅館や定食屋さんの朝ごはんの構成です。

ご飯-これは基本と思います。
味噌汁-お椀物の代表として味噌汁にしました。
漬物-糠漬けまたは塩漬け

この三種類くらいが、最も基本的なメニュー構成だと思います。
メニュー選択式の定食屋さんでも、この3点が基本セットになっている、
そういうケースは、意外に多く見かけます。
ちなみに、蒲焼小僧の修行中の朝の賄いは、
ご飯と、味噌汁だけでした(^^;)

他に考えられる要素として。
1.焼き魚をメインとした魚類(釜揚げシラスなども含む)
2.卵焼きなどの卵料理(生卵も含む)
3.焼き海苔などの乾物(鰹節・削り節も含む)
4.おひたしなどの野菜物
5.佃煮や、なめ茸などの、保存可能な瓶詰めの常備菜
6.豆類とその他(納豆、豆腐を含む)

このほかにも、色々な構成要素はあると思いますが、
この6種類に分類できないかと思っています。
たとえば、明太子などは1に分類、卵豆腐は2に分類などのように、
近いカテゴリーに当てはめればよいと思います。

なぜ、こんな検証をしたかというと、
自分で作っていても、朝ご飯の支度は楽なものではありません。
旅館や定食屋さんなどの、良いところはきちんと取り入れる。
手軽に出来るところを探して、自分で工夫して取り入れてみる。
本格的には無理だけど、代用できるものが有るかどうかを考えてみる。

そんな風にして、労力に充分見合った朝食を考えてみようと思ったからです。
検証と、メニューは次回以降、順にアップしていくつもりです!
[PR]
by eelsuzumo | 2006-05-24 17:41 | 料理のちょいと話