うなぎ屋の三代目が綴る、うなぎ、ご飯、食べ物などにまつわるブログ


by eelsuzumo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

土用と丑の日について

土用の丑の日が近くなるにしたがって、
更新が遅れがちで、なかなかブログにアップできなくて、申し訳ありません。

間もなく、土用の入りということもあって、今日は「土用の丑の日」のお話です。

土用

土用は、もともと五行思想に基づく季節の分類の一つです。
五行思想の基本的な考え方は、世界中の全てのものが、
木・火・土・金・水の五つの要素から出来ているというものです。

この五つの要素を、季節ごとに、割り当てているのですが、
春に木気、夏に火気、秋に金気、冬に水気を割当てると、
季節は「四季」なので、四つしか割り当てられません。
そこで、残った土気は季節の変わり目に割当てて、
これを「土用」と呼ぶようになったようです。

ちなみに「土用」をもっともシンプルに言いますと、
春夏秋冬の、各季節の終りの18~19日間のことを指します。
ですから土用が終わった翌日は、立春や、立夏といった、
次の季節の最初の日になるわけです。

今は土用というと夏だけですが本来は全ての季節に土用があります。
(土用は年に4回存在するわけです(^^)

丑の日

丑の日の「丑」は十二支の「子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥」の丑です。
もともとの「暦(こよみ)」では、年・日・時間・方角などにまで、
十二支が使われていて、それぞれの干支が割り振られていました。
今でも、今年は戌年と言ったり、年賀状に干支が登場するのは、
暦の伝統によるものだと、蒲焼小僧は思います。
(今でも、カレンダーに干支の表記を見る事があります。)

さて、暦に従うと「日」に十二支を割り振ることになるのですが、
この「日」に割り振られた十二支は、「子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥」の順番を、
規則正しく繰り返します。(順序の入れ替わりはありません)
ですから、単純に言えば12日に1度は「丑の日」が存在することになります。

また、各季節の終りの18~19日間の中で、12種類の「日」が回ってくるので、
土用の丑の日が、二回存在する年も出てきます。
まさに今年がそうで、土用の丑の日は7月23日ですが、
土用の二の丑として、8月4日も「丑の日」になります。

今年の土用は入りが7月20日、明けは、8月7日です♪
[PR]
by eelsuzumo | 2006-07-18 23:03 | 日記