うなぎ屋の三代目が綴る、うなぎ、ご飯、食べ物などにまつわるブログ


by eelsuzumo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

大きな落花生

秋の味覚は数々ありますが、蒲焼小僧は落花生が好きです。
栗のように、お料理にも、お菓子にも使える万能選手ではありませんし、
松茸のように高級品ではありませんが、蒲焼小僧は裕福ではないので…(笑)
(栗も、松茸も嫌いじゃありません…念のため(^^;)

落花生は地味ですが、国産の新物は本当に美味しいんですよ!
(庶民で小市民の蒲焼小僧です(^^;)

落花生は、早い産地の早生物だと、八月の下旬くらいから出始めるようですが、
徐々に味がのってくると感じるのは、九月に入ってから。
十月に入った今は、もうすぐ時期も終わりを迎えますが、
取れたての落花生を、ゆでて食べるのは、秋の楽しみの一つです。

画像は落花生をゆでているところです。
蒲焼小僧の地元では、茹で落花生は比較的ポピュラーです。
f0078499_1622452.jpg


そして大きな落花生を今年は仕入れて見ました。
これが見た目ほど大味ではなくて、美味しいのです。
f0078499_1623063.jpg

少しわかりにくいのですが、右側のお皿の下のほう。
二つだけ、小さくちょこんと乗っている落花生が通常サイズです。
ですから、かなり大きさが違うことはお分かりいただけると思います。
(画像が上手に撮れていなくて、申し訳ありません)

産地の方に聞いてもらったのですが、茹でる以外にも、
炒って食べる(自家製:自家焙煎)そうです。
晩秋の落花生は、炒って食べる用とに回す物と、来年の種になるそうなので、
今年はこれでおしまいとのことでした。
茹で立ての新物ということでは、また来年!を待つわけですが、
茹でたものを冷凍保存して(個人用に)楽しむつもりでいます。
[PR]
by eelsuzumo | 2006-10-19 16:35 | 素材の話