うなぎ屋の三代目が綴る、うなぎ、ご飯、食べ物などにまつわるブログ


by eelsuzumo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:日記( 68 )

今年は暦の関係で、土用の丑の日が二度あります。

一度目は、先月、7月23日でした。
そして、二度目が今日、8月4日です。

今年の暦と土用の丑については過去の記事をご覧ください♪
土用と丑の日について

土用の期間中に、二度目の丑の日が来ることが何年かに一度あります。
このことを、「二の丑」(にのうし)とか、「土用二の丑の日」と呼んでいます。
正しい呼称なのかどうかはともかくとして、
蒲焼小僧は、子供の頃から、そう聞かされてきました。
たぶん、父や祖父の代からも、そう呼んでいたのだと思います。

*この呼び名については、方言ということは考えにくいので、
 昔から、蒲焼小僧の住むあたりでは、そう呼ばれていたのだと、
 個人的に解釈し、そう呼ぶようにしています。

さて、おかげさまで二の丑も、無事に過ごすことができました。
f0078499_153238.jpg

ちなみに、蒲焼小僧は、まだうなぎを食べていません(^^;)
紺屋の白袴ではありませんが、土用の時期のうなぎ屋も、
なかなかうなぎを食べられないでいます。
[PR]
by eelsuzumo | 2006-08-04 22:37 | 日記

ちょっと回想…(^^;)

土用の丑の日が終わって、早一週間。
蒲焼小僧にとっては、すでに遠い幻のような日に思えています。
実際問題として、土用の丑の日は、いまや、お祭り、イベントとなっています。

当日は、普段の倍以上の人員と(親類・縁者総動員(^^;)、
普段の数倍の仕込をして、当日を迎えるわけですが、
(そのため、前日はほとんど睡眠時間無し…)
いざ、その日が始まってしまうと、テンションは高いですし、何よりも忙しい。
正直言って、自分がうなぎを焼く機械になるような錯覚さえ覚えます。

一息つくのは、ラストオーダーが済んで、
全てのお客様に、お食事をお出しした後になりますし、
翌日の準備を終えるのは、早くても、夜も11時を回ってからです。
(今年は翌日寸前までかかりました(^^;)

でも、土用の丑の日って、本当に楽しいんですよ。
正直言って、忙しさの中に喜びがあるといいますか、
言葉では上手く説明できないのですが、感激も、感動もあります。
もちろん、この日だけではなく、営業もあるのですが、
その、思い入れの大きさと、達成感だけは、この日にかなう日はありません。

ます感じるのは、今年も無事に終わることができたという思い。
大事な一日を、大きなトラブルもない状態で終われるということ。
「無事終了」が、これほどありがたい日はありません(^^)

うなぎ屋をやっていて、本当に良かったと思う瞬間です。

これからが夏本番なので、回想に浸るのは今日だけにして、
また明日から、頑張りますね♪
そして、疲れたときは、うなぎを食べて、元気になります。
もちろん、皆様にもうなぎをお勧めします(^^;)
[PR]
by eelsuzumo | 2006-07-30 00:20 | 日記

浦島太郎…(^^;)

本当に久しぶりの、まともな形でのブログの更新です。
正直言って、ブログを始めたころは、かなり忙しくても、
土用に入っても、丑の日が近づいても、
もう少しマメに更新できるんじゃないかと思っていました。

実際は…、最後の二週間は、まともに更新できたのが2~3回。
ずいぶん歯抜けのブログになってしまいました(^^;)
今後はこうならないように、頑張るつもりですので、
今後とも宜しくお願い致しますm(_ _)m

ちなみに…この時期のうなぎ屋って、浦島太郎だと思います。
新聞も読まなければ、TVも見ない、というわけではありませんが、
じっくりと何かを呼んだり(そのための時間を作ったり)、
自分から積極的に情報を手に入れたりするのは、
正直言って、かなり厳しい時期です。

蒲焼小僧の場合、たとえば高校野球がそうです。
地元の予選大会の結果は、昨日まで、
母校が勝っているかどうかすら知りませんでしたし、
野球の中継は見た記憶がありません。

サッカーだけは別で、結果くらいは目にしていますが、
それでも、世間のことには、疎くなっているんじゃないかと思うくらい、
ひたすら「浦島太郎」にまっしぐらなのが現実です(^^;)

今年は暦の関係で、8月4日にもう一度「土用の丑の日」があります。
そして10日もするとお盆ですから、忙しさも続きます。

毎日更新とはいかないまでも、二日に一度くらいのペースで更新して、
夏のうなぎ屋のドキュメントが綴れるといいなぁと、
蒲焼小僧は思っています。

今度は浦島太郎にならないように、頑張ります☆
[PR]
by eelsuzumo | 2006-07-26 16:05 | 日記

終わりました。

日付は変わって、すでに月曜日…。
どうにか無事に、今年の土用の丑の日も終了しました。

詳細は改めてご報告しますが、
実に一週間ぶりの、ブログのアップ、カキコです(^^;)
[PR]
by eelsuzumo | 2006-07-24 01:08 | 日記

土用と丑の日について

土用の丑の日が近くなるにしたがって、
更新が遅れがちで、なかなかブログにアップできなくて、申し訳ありません。

間もなく、土用の入りということもあって、今日は「土用の丑の日」のお話です。

土用

土用は、もともと五行思想に基づく季節の分類の一つです。
五行思想の基本的な考え方は、世界中の全てのものが、
木・火・土・金・水の五つの要素から出来ているというものです。

この五つの要素を、季節ごとに、割り当てているのですが、
春に木気、夏に火気、秋に金気、冬に水気を割当てると、
季節は「四季」なので、四つしか割り当てられません。
そこで、残った土気は季節の変わり目に割当てて、
これを「土用」と呼ぶようになったようです。

ちなみに「土用」をもっともシンプルに言いますと、
春夏秋冬の、各季節の終りの18~19日間のことを指します。
ですから土用が終わった翌日は、立春や、立夏といった、
次の季節の最初の日になるわけです。

今は土用というと夏だけですが本来は全ての季節に土用があります。
(土用は年に4回存在するわけです(^^)

丑の日

丑の日の「丑」は十二支の「子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥」の丑です。
もともとの「暦(こよみ)」では、年・日・時間・方角などにまで、
十二支が使われていて、それぞれの干支が割り振られていました。
今でも、今年は戌年と言ったり、年賀状に干支が登場するのは、
暦の伝統によるものだと、蒲焼小僧は思います。
(今でも、カレンダーに干支の表記を見る事があります。)

さて、暦に従うと「日」に十二支を割り振ることになるのですが、
この「日」に割り振られた十二支は、「子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥」の順番を、
規則正しく繰り返します。(順序の入れ替わりはありません)
ですから、単純に言えば12日に1度は「丑の日」が存在することになります。

また、各季節の終りの18~19日間の中で、12種類の「日」が回ってくるので、
土用の丑の日が、二回存在する年も出てきます。
まさに今年がそうで、土用の丑の日は7月23日ですが、
土用の二の丑として、8月4日も「丑の日」になります。

今年の土用は入りが7月20日、明けは、8月7日です♪
[PR]
by eelsuzumo | 2006-07-18 23:03 | 日記

夏のカラダ

いよいよ本格的に暑くなってきました。
毎日暑いですね、という言葉が、挨拶とともに交わされることも増えて、
後は梅雨明けを待つばかり…。
そして、本格的な夏を迎えることになります。

蒲焼小僧の仕事場、すなわち「厨房」では、エアコンも、
そして扇風機も使っていません。
調理に影響が出るので、材料を冷ますなどの目的以外では、
扇風機は使いません。

ですから、本格的な夏の時期は、本当に暑いです。
タオルと、着替えは、毎日の必需品!
来ているシャツが、絞れるほどに汗をかくのも日常茶飯事です。

自宅には、エアコンも扇風機もありますから、
仕事以外の時間は、普通に快適に過ごしていますが、
職場では、それなりの管理が必要です。
蒲焼小僧の場合、そのポイントは、水分補給とお風呂です。
夏の時期は、朝と夜、一日に二度は入浴します。
お風呂でカラダを暖めて、ある程度汗をかいておくと、
その後のカラダのコントロールが比較的容易で、
暑い所で仕事をしてもバテにくいのです。

後は、水分補給です。
基本は水と、日本茶です、冷たい飲み物ばかりでは、
胃に負担も大きいので、日本茶を併用します。
熱い日本茶が良いのでメインにしますが、
ちょっと冷ましてぬるくなった日本茶をあわせて飲むと、
アレンジになって、飽きがこないので、便利です。
後は、塩分やミネラルの補給のために、スポーツドリンクが加わります。

こうしてうなぎ屋は、夏に暑い場所で仕事をするための、夏のカラダを作るのです。

注:蒲焼小僧の個人的な方法です。
  必ずしも全ての人に当てはまるわけではありませんから、ご注意ください。
[PR]
by eelsuzumo | 2006-07-15 10:27 | 日記

お茶うけ

知人からのお土産で、「ういろう」を頂きました。
仕事の合間の休憩時間に、お茶を飲みながら、お茶うけとして、
少し食べるのに丁度良いので、ありがたいです。
f0078499_1133522.jpg

箱の外観は、こんな感じです。
頂いたのは、抹茶味!お茶のテイストは基本的に好きなので、
(お茶の香りが好きですね☆)
蒲焼小僧としては、嬉しい限りです。

ちなみに、蒲焼小僧は、お酒も好きで、飲みますが、
甘いものも、嫌いではありません。
過剰に甘いものはともかくとして、甘さ控えめ系は、
口に合うものも多くて、好んで食べます。

パッケージを空けて、中身を出すと、こんな感じ。
しっかりお茶の色♪常温保存可納な品なので、すぐに食べれるのも、OKです!
f0078499_1134880.jpg

立ったままで、お茶だけ飲んで、ちょっと甘いものをつまんでエネルギー補給というのは、
日常、よくあるのですが、仕事の合間のほんの少しの短い休憩が、
気分をリフレッシュしてくれて、また仕事に向かえます。
このういろうは、それほど甘すぎず、手軽につまめてありがたかったです。
[PR]
by eelsuzumo | 2006-07-06 11:18 | 日記

すいかアイス~続き

先日教えて頂いた情報の中に「井村屋」さんのすいかアイスがある!
というものがありました(mirumiruさん、感謝です)

というわけで、井村屋さんのHPに行ってみたのですが、
報告する価値あり!の商品を発見したため、本日アップしました♪

ただし、画像を井村屋さんのHPから、無断拝借…(^^;)
井村屋さん、ゴメンナサイ。
でも、商品探して、必ず試食しますから、許してくださいm(_ _)m

f0078499_17123197.jpg

さて、最初はすいかアイス♪残念ながら、中身の画像は無いのですが、
商品名が「小玉スイカ」というのが、何とも渋くて泣かせます。
こういうネーミングのセンスの良さって、素敵だと思います。

f0078499_17141113.jpg

これも懐かしいメロンアイス!子供の頃に、このメロン型のカップに、
強く強~く、心惹かれた記憶があります☆
商品名がメロンボールというのも、なかなかです♪
f0078499_17153058.jpg

f0078499_17161744.jpg
f0078499_17162522.jpg

そしてそして、一気に画像を出しました。
オレンジボールに、桃アイス、新発売のりんごアイスと、
井村屋さんもやってくれます!素晴らしい♪
ほとんどカタチにできる果物すべてをアイスにしていただいたという感じ☆

しかもこのアイス全てが「駄菓子屋さんの~」と銘打った、シリーズ物。
古き懐かしい駄菓子屋さんを知る世代としては、
なんとなくノスタルジックな昔の記憶がよみがえって、
嬉しいこと、この上ありません(^^)

もちろん、売っているお店を探して、全種類完全制覇を狙います(^^;)
[PR]
by eelsuzumo | 2006-07-05 16:47 | 日記

頂き物で…。

先日、bakugahopsさんのブログに、病気の頂き物で、
コメントをしたのですが、蒲焼小僧も、本格的にいただいてしまいました。
ブログの昨日の更新もお休み致しました。m(_ _)mすみません。

咽喉が腫れて熱っぽく、だるいため、風邪かと思ったものの、
念のため、かかりつけの耳鼻咽喉科に行ってみると・・・。

扁桃腺の炎症であることが判明。
暑くなったり、涼しかったりと、気温の変化が激しいときや、
季節の変わり目には、同じような患者さんが増えるそうです。
私の場合は、お客様から頂いた可能性が濃厚であるようです。

それでも、商売柄、自分はもらっても、お客様に感染するのはまずいので、
診察、薬液の塗布、吸入、投薬のフルコース!
あっ、注射はしなかったからフルコース一歩手前というところでしょうか。

f0078499_203058100.jpg

↑お薬です。画像は一回分!
とりあえず、来週もまた、お医者様に行きます。
[PR]
by eelsuzumo | 2006-07-04 20:38 | 日記

路地裏に吹く風~。

それは今日の夕方のことでした。
蒲焼小僧は出前に出かけていました。

時間は午後6時を少しすぎた頃、まだ日差しが強い時間でした。
夏至を過ぎたばかりの、この時期は、まだまだ陽が高く、
夕暮れを感じる時間ではありません。

そして、この時期のうなぎ屋は、忙しさが始まる時期でもあります。
蒲焼小僧が出前に向かったのは、お店からほんのすぐの所。
自転車でも、せいぜい5分も走れば着いてしまう距離で、
同じ町内のお宅に出前に行った時のことです。
ちなみに近隣のお宅への出前は、岡持ちをぶら下げて自転車でという、
昔ながらのスタイルです。

無事に、お届けを終えて、そのお宅を出て、走り始めたときでした。
どこからともなく風鈴の音…。

路地裏の奥のお宅の方からでした。
風鈴の音とともに、一陣の涼しい爽やかな風。
涼しい風は、路地裏の打ち水?のせいかもしれませんが、
涼やかな風鈴の音と、涼しい風は、熱くなっている頭を冷やし、
良い意味で、気持ちを切り替える役割もする、
またとない、一服の清涼剤となったことも確かです♪

この、良い気分のおかげで、今日も一日頑張れたと、感謝する蒲焼小僧です。
[PR]
by eelsuzumo | 2006-07-02 23:53 | 日記