うなぎ屋の三代目が綴る、うなぎ、ご飯、食べ物などにまつわるブログ


by eelsuzumo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:日記( 68 )

祝♪開幕☆

いよいよワールドカップが開幕しました。

初戦のドイツVSコスタリカの試合は、もちろん最後まで観戦しました。
(そのため、かなりの睡眠不足です…(^^;)
ずっとテレビを見ていて、ゲームを見ながらも感じたことがあります。
サッカーは、かなり好きだと自分でも自負している蒲焼小僧ですが、
それでも、マスコミの皆さんのテンションにはついて行けないものがあります。

なんか、画面の向こうの人達だけが「異様に」盛り上がっている???
画面のこちらにいる視聴者そっちのけで、盛り上がっているような気もしました。
蒲焼小僧はサッカーが好きですが、
実況でもなければ、解説でもないものを見聞きするのは、
ちょっと違う気がして戸惑いました。

実況のアナウンサーも、解説者の方も、
ワールドカップ開幕の瞬間に立ち会えて、感動するのはいいのですが、
スタジアムで今、行われていることが、正確に伝わらない。
そんな気がして、困ってしまったのです。

せっかく楽しいワールドカップ観戦をしている皆様に、
こんな日記をご覧いただくのは申し訳ないと思うのですが、
蒲焼小僧の、ごくごく正直な感想です。

でも、冷静ぶってこんなブログをアップしている蒲焼小僧も、
日本戦になったら、どんな風になるか解りません(^^;)
きっと、テレビ以上に「イケイケ」かもしれませんし、
ハイテンションなブログをアップするかもしれません(^^;)
[PR]
by eelsuzumo | 2006-06-10 17:20 | 日記

鈴虫のおすそ分け(^^)

今日、鈴虫のおすそ分け?をいただきました。
昨年、友人が3組をつがいで飼育していて、
産卵した卵から孵化したものだそうです。

さっそく、中休みの時間に、近所のホームセンターにGO!
飼育用のケースと、ケースの中に敷く土を購入。
ホームセンターには、鈴虫専用の鈴虫グッズが、
所狭しと並んでいて、壮観な眺めでした。

鈴虫も、同じ場所で販売されていてそちらも見てきました。
ちなみに、一匹のお値段が150円から200円程度!
(オスとメスで値段が違いました)
こんな状況を見ると、鈴虫も立派な「ビジネス」です。

実は、デジカメで撮影したのですが、あまりに小さくて見えません。
デジカメの画素数にも、問題ありなのでしょうが(300万画素以下)、
ほとんど鈴虫の存在が解りません…(^^;)

脱皮して、もう少し大きくなったら、画像をアップしたいと思っています。
早く大きくならないかなぁ~☆今から楽しみです。
[PR]
by eelsuzumo | 2006-06-09 16:37 | 日記

入梅

昨日梅の話をしたから!というわけでもないでしょうが、
本日、近隣地域で入梅の情報が出ました。
蒲焼小僧の住んでいる地域も、もう間もなく入梅とのこと。

これから、およそ1か月間、雨の続く時期になるわけですが、
今年は5月に雨が多かったせいか、少し気分が違います。

5月は、日照時間も短く、雨のせいで、農作物は大変な状況でした。
正直、飲食を営むものには厳しかったですし、
生鮮野菜の高騰は、家庭の主婦の方にも大きな打撃だったことと思います。
でも…、どうにか、入梅です。
入梅の時期になれば、雨が多いにもかかわらず、
野菜類は比較的安定するので、少し安心しています。

そして、梅雨明けすれば、そこはもう夏!
蒲焼小僧の本領発揮の季節になります。

でも、それまでの間…。
雨傘、レインコート、長靴、アジサイ、カタツムリ…。
雨の時期にも楽しいものはたくさんあるので、
あまり嫌わずに過ごせればよいと思っています。

もちろん、来るべき夏に備えて、準備も怠らずに(^^;)
[PR]
by eelsuzumo | 2006-06-08 17:06 | 日記

ワールドカップ

蒲焼小僧は、実は、サッカー好きです。
子供の頃は、地元でもっとも盛んなスポーツが、サッカーでした。
小学校のころから、高校を卒業するまで、体育の時間には、
サッカーの授業がもっとも多かったのです。
ですから、地元ではごく普通でも、他の地域の方から見れば、サッカー好きです。

まぁ、正直言いまして、もともとサッカーは子供の頃から大好きでしたし、
そして、それは今でも変わっていません(^^;)。

そんな地域ですから、地元民も、サッカーにはマニアックなのですが、
地元のメディアも、実にマニアックです。
幼稚園児のキッズサッカーから、小学生のサッカー少年団、
中学生の県大会や、高校サッカーの県大会の予選にいたるまで、
細かくテレビ中継をしてくれる上に、サッカーのニュースを伝える、
専門のサッカー番組が、ローカル局にあるのです。
ちなみに、そのサッカー番組は放映1,000回を超えています。

そして、子供の頃から、その番組を見続けるのは、
少しでも、サッカーが好きな地元民ならば、
ごくごく当り前のことです。

改めて申し上げますが、蒲焼小僧は、実はサッカー好きです。
先日のドイツ戦も、深夜というか早朝にもかかわらず、
翌日も普通に仕事なのに、見てしまいました。

サッカーのワールドカップ・ドイツ大会が終わるまでは、
このブログの内容も、蒲焼小僧なのにサッカーの話になるかもしれません。
蒲焼小僧が「サッカー小僧」になるかもしれません(^^;)

ご理解の上、ご了承いただければ幸いですm(_ _)m
[PR]
by eelsuzumo | 2006-06-02 01:33 | 日記

駐車禁止って…。

今日から違法駐車の取締りが厳しくなりました。
蒲焼小僧をはじめとして、飲食店が出前や仕出しをするのは、
ごく普通のことですし、利用される方も多いことでしょう。

我々のような飲食店だけでなく、運送業の方や宅配業者さん、
企業の配送担当さんなどは、どうしたのでしょうか?

ちなみに蒲焼小僧は、今日のお昼に区役所の側の、
大型オフィスビルに出前がありました。
重点地域のど真ん中で、官庁街のすぐ側なので、
(地名は大手町というのですが、地名からでも想像がつきそうな場所です)
監視員の方だけではなく、取材するマスコミの方も何人か見ました。

ひとりで出前に出かける蒲焼小僧は、駐車場を利用するしかありません。
今日は、民間駐車場を利用して、利用料金300円を支払いました。
30分以内の駐車ではほぼ、このくらいの金額で普通ですが、
毎日同じようなことが続くと、ちょっと厳しいです。
ただし、わずか6~7分のことでも、初日につかまっては堪りません。
経費は増えるものの、背に腹は替えられません。

今後は、どうなっていくのでしょうか?
少し、運用を見直してほしいと思う蒲焼小僧でした。
[PR]
by eelsuzumo | 2006-06-01 17:25 | 日記

冷めないうなぎ

最近、続けて「蒸篭蒸し」を出前にとって下さるお客様が出来ました。
ある企業さんで、社員の方の一人は、もともとお客様でした。
お昼の出前ですので、会議やミーティングの日の昼食か、
社内で会食という感じかも知れないのですが、
蒸篭蒸しを、わざわざご指名いただくのは、
冷めない!というのが、最大の理由のようです。

下の画像が蒸篭蒸し
f0078499_1638774.jpg

↑器は二重になっていて、フタ付です。
外側の器は、檜の曲げ物に、漆を塗った地元の工芸品です。
内側は、丸型の「和せいろ」で、保温性が高いのです。

蒸篭の部分だけを、直火にかけた鍋に乗せてて蒸し上げます。
蒸しあがった熱々を、曲げ物の器に入れるため、冷めにくいのです。
蒸し上げてから、30~40分は、かなり温かい状態が続きます。

暑くなってきてからでも、熱々のメニューは、好評です。
[PR]
by eelsuzumo | 2006-05-31 16:47 | 日記
うなぎ屋といえども、毎日うなぎを「食事」として食べることはありません。

そして、食べたいと思った時でも、
必ずうなぎを食べることが出来るわけではありません。
なぜ、冒頭から、こんなことを書いているかというと…。
(しかも、二日も続けて、です(^^;)
このところ、しばらくうなぎを食べていないことに気づいたので、
昨夜はうなぎを食べるつもりでした。

そして、予想外の事が起きて、食べることが出来ませんでした。
お客様に販売することになったからです。
商売として考えれば、喜ばしいことです。

でも…食べたかったなぁ~(^^;)
(かなり本音でこう思っています)

簡単に説明しておきますと、
もともと売り物なのですから、手持ちの商品から好きなものを選んで、
どんどん焼いて食べてしまう訳にはいきません。
商品以外に余分に鰻を開いて、自分の分をキープするわけですが、
予定外の注文で、自分の分も放出せざるを得ないことがまれにあります。

普通の方ならば、うなぎ屋にいって食事をすれば良いのですが、
まさか、同業者のお店に伺って、自分の店では食べられないから、
うなぎを食べに来た、とはなかなか言えません(笑)

ブログで宣言したから、罰が当たって食べられなかったのかな?
などという根拠の無い考えまで、頭に浮かんでくる始末。
なんか、少し、我慢することにしました(自爆)
[PR]
by eelsuzumo | 2006-05-29 00:43 | 日記

千秋楽の翌日は。

千秋楽の翌日は、夕方に少し退屈をします。
正確には、少し寂しい気分になります。
それは、大相撲のラジオ中継がなくなるからです。

蒲焼小僧は、熱狂的な大相撲ファンと言うわけではありません。
ただ、大相撲のラジオ中継は、生活の習慣に近い形で根付いています。

普段の蒲焼小僧は、お昼時が忙しく、午後二時頃までは営業しています。
通常は、昼の部の営業が終わって、夜の部の仕入れ、仕込みをしながら、
合間に賄いの支度をして、食べ、夜に備える事になるわけです。

大相撲の本場所がある間は、この、午後の時間のほとんどを、
NHKのラジオの大相撲中継を聞きながら過ごすことになります。
だからと言うわけではないでしょうが、大相撲の中継は、
二ヶ月に一度の決まりもので、習慣になっているような部分があります。

ちなみに、同じラジオでも、プロ野球中継では時間が遅すぎますし、
それ以外のスポーツが、日中から中継されることは、あまりありません。

例外は、高校野球と、マラソン・駅伝がそうです。
ですから、優勝チームが決まって、高校野球の中継が終わった後は、
春の甲子園も、夏の甲子園でも、時期の区別無く、
大相撲と同じ様に、なぜかちょっぴり寂しい気分になります(^^;)

また7月、名古屋場所が始まるその日まで♪
[PR]
by eelsuzumo | 2006-05-22 16:53 | 日記

深夜の謎の電話???

なぜか深夜に…(^^;)

土曜日、そして日曜日と、2日続けて深夜に携帯が鳴りました。
2度とも、相手はお客様で、土曜日はAさん、
日曜日はBさんからでした。

内容はどちらも、「今から食事に行きたいんだけど、まだ、やってる?」
という内容で、時間さえ遅くなければ、ごく普通の内容です。
ただ…時間は、全く予想外の時間でした。
蒲焼小僧の店の営業時間が終了してから、3時間は経過しています。
普通のお仕事の方ならば、すでに深夜の時間帯。
ちなみにAさんも、Bさんも、普通のご職業です。

「すみません、今夜は、もう終了させて頂いています。」と言い、
「それに、お時間がお時間ですから…。」そうお話しすると、
「えっ!…えっ?もうこんな時間なんだ…。」
「悪かったねぇ、また、そのうちに行くから」

お2人とも、概ねこんな内容だったのですが。

蒲焼小僧は仕事用の携帯を持っていて、
ご予約の際に、携帯に連絡を下さるお客様は珍しくありません。
ただ、深夜に携帯にかかって来る事は無いので、
最初は何事かと思って、驚いたくらいです。

普段は、夕方から宵の口に、お酒を飲みながらお食事に来て下さるお客様。
Aさんも、Bさんも、基本的にそのパターンに変わりはありません。
それに、お酒が入っていたとしても、そんな電話をする方々ではなく、
まして、お二人とも、電話の口調では明らかに素面。

しかも、純粋に時間だけを、間違えておられたご様子…。
いったいお客様に何があったのか…?
なぜ、お客様は違うのに二日続けて、同じ時間なのか?
蒲焼小僧には、謎?謎!謎♪のままです。

気分的には、ちょっぴりホラーな蒲焼小僧でした。
[PR]
by eelsuzumo | 2006-05-21 23:39 | 日記

夕焼け

ここしばらくの間、ずっとお天気が悪かったので、
夕焼けを見る機会がありませんでした。

子供の頃のことですが、日曜日の夕方は、
ほかの日の夕方とは違う思いでした。
日曜日の夕方は、休日が終わってしまうこともあってか、
一抹の寂しさを感じていました。
そして、子供の頃は、夜がもっと暗くて怖かった印象が強くあります。

今は状況としては、かなり違いますね。
夕方が夜への入り口であることは変わりないものの、
夜の時間に対する感覚が大きく変わったせいでしょう。
今では、夕方は夜への入り口で、楽しい夜の時間を過ごすための、
エントランスのような役割も感じます。

大人になれば、子供の頃とは違って、夜の時間も色々と活動するので、
「夕方」の持つ意味合いが、全く違うものになりました。
実際…仕事をするようになってからは、夜間であっても仕事。
時には深夜まで、仕事。
こんな状況は、子供ならいざ知らず、大人であれば誰でも経験のあることでしょう。
でも、社会人になりたての頃は、なんとなく不思議な感じだった記憶があります。
夜まで仕事をしているなんて、ちょっと大人の気分だったかもしれません。

そういえば、子供の頃は暗くて怖かった夜が、
楽しい時間になったのはいつごろからだったでしょうか。

久しぶりの夕焼けを見ながら、物思いにふけっていたら、
仕事という現実が追いかけてきました…(^^;)
[PR]
by eelsuzumo | 2006-05-14 16:58 | 日記