うなぎ屋の三代目が綴る、うなぎ、ご飯、食べ物などにまつわるブログ


by eelsuzumo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:お酒の話( 9 )

お酒を少しでも扱う店舗であれば、注目だったニュース。
それが、キリンビールがメルシャンにTOB(株式公開買い付け)
を実施すると発表したニュースでした。

今回は敵対的な買収と言うよりも、好意的な部分がみられていて、
正直言ってよいニュースだと思っています。
蒲焼小僧がそう思うのには、理由があります。
メルシャンは、ワインの生産では、国内でもトップクラスの実力者だからです。
もともと質の良いワインを造っていて、コンテストの入賞も多くあります。
個人的には、国産ワインのブランドの中で、規模が大きな割には、
商売に走り過ぎないと言う感じを持っていました。
もちろん、国産ワインメーカー特有の安価で解りやすいワインも販売していましたが…(^^;)

ワイン作りには、手間と時間を要するので、
葡萄を栽培している間も、樽が眠っている間も、
その会社の経営が安定している必要があります。
今回のTOBで、資本的には大きく増強されたと思います。
しかも、ワイン以外のお酒が主力のメーカーからのTOBですから、
葡萄の作柄が微妙で、ワインメーカーとしては厳しい年でも、
ほかに安定した売り上げがあれば、ワインの生産も影響を受けないと考えられます。

そうなれば…国産ワインファンには、なかなか嬉しいワイナリーが、
新たに誕生した事になるのでは無いでしょうか?

TOBの期間は12月18日まで。
クリスマス用のワインを買い求める頃には、
新しいメルシャンのニュースがあるかもしれません♪
[PR]
by eelsuzumo | 2006-11-17 23:49 | お酒の話

今年、最後の…。

今年最後の、梅酒の仕込みが終了しました。
梅の季節も、もうすぐ終わります。
青梅の仕入れも今年最後になりました。

時期的にも、そろそろ終わりなので、真っ青な青梅は少なく、
赤や黄色に色づいた梅がほとんどで、この青梅が最後です。

今月初旬に青梅のことを書いてから二十日あまり…。
青梅の項参照のこと
何度か梅酒を仕込みましたが、ようやくブログにアップします。
f0078499_1642228.jpg

この青い実を見るのも、今年はもう最後。
来年のこの時期まで、楽しみにしながら、
数ヵ月後には、出来上がった梅酒を飲みます。
[PR]
by eelsuzumo | 2006-06-29 16:43 | お酒の話

ビール大好き!2

蒲焼小僧は、ビールが大好きだというお話を、以前にしました。
本当にビールは大好きで、「常時飲んでいるお酒は?」と聞かれれば、
間違いなく「ビール!」と答えるでしょう♪

以前の記事はビール大好き1をご参照ください

これから暑い季節になると、ますますビールが美味しくなります。
美味しいビールを飲むには、好みの銘柄のビールを、
きちんと冷やしておくのが基本(冷やし方は自由です☆)だと思うのですが、
ここで困るというか、チョイスに迷ったりするのが、肴なんです。

蒲焼小僧はビールが好きなので、ビールにあう肴は何か?
というのは、常に考えているところです。
でも、これが非常に難しい…です(^^;)

枝豆、茹でた落花生、から揚げ、フライドポテトなどなど、
一般的にスタンダードと呼ばれるものは色々ありますが、
よほどの好物で無い限り、続くと飽きてしまいますし、
素材の事を一つとっても、季節があります、もちろん、旬も関係します。
枝豆は、生を茹でたければ、夏限定になってしまいますし、
野菜も魚も、季節が関係するので、難しいです。

f0078499_1250423.jpg

↑画像は茹でた落花生です。
国産の生の落花生が出回るのは、晩夏から中秋までの間です。

ビールに何が合うのか、おつまみとして好評なものだけでなく、
季節ごとに、これは!というものがあれば良いなと思うことが、あるんです☆
[PR]
by eelsuzumo | 2006-06-20 12:54 | お酒の話

焼酎の話

一時期の加熱したブームの時ほどではないものの、
焼酎は相変わらず、根強い人気を持っています。
もちろん、蒲焼小僧のお店にも、焼酎は置いています。
f0078499_17183039.jpg

↑通常メインで置いている焼酎類です。
右から、米焼酎、麦焼酎、残りの左側2本が芋焼酎です。
この他にも、栗焼酎がありますし、メインの銘柄以外にも、
時折、別のお酒を入荷することもあります。

焼酎は、ロックで飲むお客様が比較的多いのですが、
蒲焼小僧がj個人的に飲むときは、何かで割ることのほうが圧倒的に多いです。
理由は大変シンプルなのです!蒲焼小僧はお酒が弱いからです(^^;)
実際、ロックで飲むと酔いが早く回ってしまって、
落ち着いてゆっくりと飲むことが出来ないんです。

よく飲む周囲の知人たちと比べてみても、弱いのです。
少なくとも、私が強いなどとは、口が裂けても言えませんね…(^^;)

ちなみに、焼酎を割る時には…。
緑茶やウーロン茶などの、お茶系統で割ったり、
柑橘類で割ったりするのが、口をさっぱりさせる効果もあって、
料理とともに、口にするには便利です。
蒲焼小僧がお客様を見ていて、揚物や炒め物の酒肴のときに、
好んで焼酎の割ったものを飲まれる方がいらしたので、
もしかしたらと思い試してみると、これが意外に正解!
口の中がすっきりして、次の料理に箸が進みます。

好みの飲み方、自分にあった飲み方を試して、探して、
お酒と楽しく付き合いながら飲めるのが、一番良いと思います。
[PR]
by eelsuzumo | 2006-06-19 17:25 | お酒の話

風邪をひいているのに。

蒲焼小僧の回りでは、現在風邪が流行しています。

GWの最後に、お客様が持ってきて下さった(笑)風邪と、
スタッフのパートさんの持参してきた(笑)風邪。
そして、天候不順な今週中に、「風邪だからスタミナを…」と言っていた、
常連のお客様の風邪といった具合で、トリプルパンチです。

我々の業界の人間は、お客様にうつすわけにはいきませんし、
何より、自分も厨房にいて辛いので(危険も伴いますし)、
かかりつけのお医者様に、薬をもらって、さらに注射というコースに走ります。

少々の風邪ならば、平気ですが、念には念を入れて、ということもあって、
お医者様に行くのは、必須項目のようなものです(^^;)

しかし、風邪をひいても、お医者様にも行かず、
直らないことを、都合のよい口実にしている方がいます。
常連のお客様のうちの一人なのですが、
とにかく無類のお酒好きで、ほぼ毎日飲んでいます。
(家族や知人、友人の証言多数なのですから、確かです)
一年のうちで、お酒を飲まない日は数日しかないのではないでしょうか?
そんな風に思える、大変な酒豪のお客様です。

もっとも、それだけ呑めるのは、純粋にお酒が強いのと、
ご本人のキャラもあって、いつも楽しいお酒になるために、
仲間で集まることもしばしば♪だからです(主食はお酒かも?)。

このお客様にかかると、風邪は飲んで直すものということになるそうです。
ただ、いつも、明るくて、楽しいお酒ですし、飲んでいる最中は、
本当に風邪をひいているのか?疑わしくなるほど元気です。

そんなわけで、本来は「日記」に分類したい、このブログ、
なんと、お酒の話に分類しています…(^^;)

飲兵衛は(呑兵衛?のんべえ?)は強いです、
お酒も、免疫能力も、カラダも…マジで強いです(^^;)

お酒の弱い蒲焼小僧としては、ちょっぴり羨ましいです♪
[PR]
by eelsuzumo | 2006-05-15 16:41 | お酒の話

これでも地酒!

毎日仕入れをお願いしている、酒屋さんと話をしていた時に、
手ごろな値段で、お客様に提供できるウィスキーは無いだろうか?
という話になりました。

お酒にはトレンドとブームが数多く存在してきましたが、
それとは別に、ハイボール世代の、オールドファンには、
ウィスキーは、いつの時代でも根強い人気を持っていて、
飲みたいお酒の上位にあるようです。

特に、ウィスキー通の方に言わせると、
うなぎの肝焼きとウィスキーは「ベストマッチ」なんだそうです。
いくつかの候補の中から、和風で、しかも漢字の銘柄を見つけました。
その名も「富士山麓」!!!
f0078499_20365861.jpg

名前だけでも驚きなのに、
酒屋さんは涼しい顔をしてさらりと言いました。
「地物ですよ、県内産」
その言葉に、少なからず驚きました。
地元に、ウィスキーの蒸留所があるとは知りませんでしたから。

もちろん試飲もしました、すっきりとしていてのみ易く、
うなぎとも相性が良さそうです。
早速、蒸留元でもあるキリンさんのHPからも、画像を拝借(^^;)
f0078499_20383097.jpg

掲載に問題があるかなぁ…とも思いますが、お勧めなのは本当です。
[PR]
by eelsuzumo | 2006-03-28 20:40 | お酒の話
焼酎がブームといわれるようになってから、しばらく経ちます。
プレミアムが付いたもの、品薄で入手困難なもの、
なかなか飲めない、有名銘柄の焼酎も数多くあります。

蒲焼小僧は、焼酎はもともと「気軽に飲めて、しかも美味しいお酒」という感覚なので、
現在のような高額で、なかなか手に入らない焼酎には手が伸びません。
もちろん、さほど裕福な訳でもありませんから、価格的にも手が出ません(^^;)

f0078499_1658518.jpg

↑画像は最近お気に入りで、お店でも販売している焼酎です。
「百薬の長」というネーミングもさることながら、口当たりが良くて、
しかも、マイルドで飲みやすい麦焼酎です。

うなぎの「きも」や「蒲焼」を肴に、焼酎で一杯やるのも、なかなか乙なものです。
冬場はお湯割りや、温かいお茶割りでも良いのではないかと思います。

お酒には色々とこだわりのある方が多いと思いますが、
気軽に飲めるお酒で、楽しく飲むことが出来れば、それが一番だと思っています。

仲間うちで飲むときなどは、気軽に飲める焼酎をボトルで取って、
それぞれが好みの飲み方で、つまみながら飲むというのも、
カウンターの内側から見ている、蒲焼小僧としては、
楽しそうで微笑ましくて、美しい光景なんだと思います。
[PR]
by eelsuzumo | 2006-03-13 09:23 | お酒の話
うなぎ屋の一番忙しい時期はやはり夏、それも真夏です。
(まだ、3月だというのに、かなり強引に始めていますが…)
真夏にはなんと言ってもビール!!

それも、可能ならば「生ビール」だと思います。
(ビール党でない方、ごめんなさいm(_ _)m)
蒲焼小僧は、実はビールが大好きです。
お酒は種類に限らず、どれも「好き」なのですが、ビールは「大好き」です。

f0078499_16502278.jpg

↑画像は当店の「生ビールサーバー」です。ビールは「エビス生」です。

真夏の夜、仕事が終わった後に飲む、一杯のビールは本当に最高だと思います。
真夏の夕方、仕事帰りのお客様が暖簾をくぐって、最初のオーダーがビール、
「とりあえずビールね!」とか、「生と、うなぎの肝を頂戴」そんな風に声がかかります。
ビールを飲みながら、うなぎが焼けてくるのを待つわけですが、
皆さん、実に美味しそうにビールを飲んでいらっしゃいます。
古来から、うなぎ屋では、蒲焼を待つのに一杯!という話も良く聞きますが、
うなぎが焼き上がるまでの間、美味しそうにお酒を楽しむお客様の姿は、
実は、ちょっぴり羨ましくもあり、でも大変嬉しい瞬間でもあります。

f0078499_16522250.jpg

↑エビスビールのラインナップです。(お店では缶ビールは販売していません(^^;)

サッポロビールさん、生ビールサーバーの、メンテナンスなども含めて、
いつも本当にお世話になっています。ありがとうございます(by蒲焼小僧)
[PR]
by eelsuzumo | 2006-03-07 21:11 | お酒の話

うなぎ屋で飲むお酒

うなぎ屋にも、お酒は置いてあります。
アルコール類も扱うのは、飲食店では比較的普通のことですが、
うなぎ屋も、例外ではありません。

夏場には、ビールにうなぎの肝がよく合うと思いますし、
冬場なら、白焼きを肴に日本酒という組み合わせが堪りません。
蒲焼小僧は、お酒は強くありませんが、お酒は好きです。
量は飲めないものの、飲む時の雰囲気が、なんともいえず好きです。

小上がりの座敷に、腰を落ち着けて、
うなぎが焼きあがるまでの間、ゆっくりと酒を飲む。
酒肴は、漬物程度でよく、酒は飲みすぎない。
などと、格好良く飲みたい、と思ってしまいます。

私の大好きな作家、池波正太郎先生の作品には、
うなぎ屋の記述も出てきます。
前述のイメージも「池波作品」好きな影響だと思います(^^;)

池波先生に関しては、私のような小僧よりも、
はるかに詳しく、マニアで、しかも粋な方がたくさんいらっしゃいますから、
池波先生については、この辺で。

うなぎ屋で、酒を飲む時間も、良いものだと、蒲焼小僧は思っています。
[PR]
by eelsuzumo | 2006-03-03 13:33 | お酒の話