うなぎ屋の三代目が綴る、うなぎ、ご飯、食べ物などにまつわるブログ


by eelsuzumo
カレンダー

<   2006年 07月 ( 14 )   > この月の画像一覧

ちょっと回想…(^^;)

土用の丑の日が終わって、早一週間。
蒲焼小僧にとっては、すでに遠い幻のような日に思えています。
実際問題として、土用の丑の日は、いまや、お祭り、イベントとなっています。

当日は、普段の倍以上の人員と(親類・縁者総動員(^^;)、
普段の数倍の仕込をして、当日を迎えるわけですが、
(そのため、前日はほとんど睡眠時間無し…)
いざ、その日が始まってしまうと、テンションは高いですし、何よりも忙しい。
正直言って、自分がうなぎを焼く機械になるような錯覚さえ覚えます。

一息つくのは、ラストオーダーが済んで、
全てのお客様に、お食事をお出しした後になりますし、
翌日の準備を終えるのは、早くても、夜も11時を回ってからです。
(今年は翌日寸前までかかりました(^^;)

でも、土用の丑の日って、本当に楽しいんですよ。
正直言って、忙しさの中に喜びがあるといいますか、
言葉では上手く説明できないのですが、感激も、感動もあります。
もちろん、この日だけではなく、営業もあるのですが、
その、思い入れの大きさと、達成感だけは、この日にかなう日はありません。

ます感じるのは、今年も無事に終わることができたという思い。
大事な一日を、大きなトラブルもない状態で終われるということ。
「無事終了」が、これほどありがたい日はありません(^^)

うなぎ屋をやっていて、本当に良かったと思う瞬間です。

これからが夏本番なので、回想に浸るのは今日だけにして、
また明日から、頑張りますね♪
そして、疲れたときは、うなぎを食べて、元気になります。
もちろん、皆様にもうなぎをお勧めします(^^;)
[PR]
by eelsuzumo | 2006-07-30 00:20 | 日記

暑い日に、熱いお茶

暑い時こそ熱いもの!
熱い時こそ、冷たいものばかり口にしないで、
熱いお茶などを口にするほうが、胃に負担がかかりにくくてよい、
そんなことを、蒲焼小僧は子供の頃から言われていました。

実際問題として、暑い時の熱いお茶は、飲んだ直後に、
体が熱くなり、汗が出てくることもあって、
冷たい物を飲んだときのような爽快感が無いのも事実です。

ただ…一日中暑いところで仕事をしていると、
冷たいものばかりでは、胃がもたれてくるというのも事実です。
仕事中はひたすら汗をかいているので、水分補給は欠かせません。
ですから、必要な水分補給の中に熱いお茶を組み込んでいるのです。
熱いお茶は、なんとなく気分をほっとさせてくれるような気がして、
そういう意味でも効果が有るんじゃないかと個人的には思っています。

昔の人の知恵には、驚かされることも多いのですが、
暑い時こそ熱いもの!もそのうちの一つだと思っています♪

夏の飲み物のことは、以前にも書いているのですが、
今年は、なかなか梅雨が明けないため、涼しい日が多くて、
気温という意味でも、熱い飲み物が重宝しているんです。
緑茶がメインですが、ほうじ茶や玄米茶も加えると、
味のバリエーションが増えて、飽きがきません(^^)
[PR]
by eelsuzumo | 2006-07-28 17:14 | 賄いの話

浦島太郎…(^^;)

本当に久しぶりの、まともな形でのブログの更新です。
正直言って、ブログを始めたころは、かなり忙しくても、
土用に入っても、丑の日が近づいても、
もう少しマメに更新できるんじゃないかと思っていました。

実際は…、最後の二週間は、まともに更新できたのが2~3回。
ずいぶん歯抜けのブログになってしまいました(^^;)
今後はこうならないように、頑張るつもりですので、
今後とも宜しくお願い致しますm(_ _)m

ちなみに…この時期のうなぎ屋って、浦島太郎だと思います。
新聞も読まなければ、TVも見ない、というわけではありませんが、
じっくりと何かを呼んだり(そのための時間を作ったり)、
自分から積極的に情報を手に入れたりするのは、
正直言って、かなり厳しい時期です。

蒲焼小僧の場合、たとえば高校野球がそうです。
地元の予選大会の結果は、昨日まで、
母校が勝っているかどうかすら知りませんでしたし、
野球の中継は見た記憶がありません。

サッカーだけは別で、結果くらいは目にしていますが、
それでも、世間のことには、疎くなっているんじゃないかと思うくらい、
ひたすら「浦島太郎」にまっしぐらなのが現実です(^^;)

今年は暦の関係で、8月4日にもう一度「土用の丑の日」があります。
そして10日もするとお盆ですから、忙しさも続きます。

毎日更新とはいかないまでも、二日に一度くらいのペースで更新して、
夏のうなぎ屋のドキュメントが綴れるといいなぁと、
蒲焼小僧は思っています。

今度は浦島太郎にならないように、頑張ります☆
[PR]
by eelsuzumo | 2006-07-26 16:05 | 日記

終わりました。

日付は変わって、すでに月曜日…。
どうにか無事に、今年の土用の丑の日も終了しました。

詳細は改めてご報告しますが、
実に一週間ぶりの、ブログのアップ、カキコです(^^;)
[PR]
by eelsuzumo | 2006-07-24 01:08 | 日記

土用と丑の日について

土用の丑の日が近くなるにしたがって、
更新が遅れがちで、なかなかブログにアップできなくて、申し訳ありません。

間もなく、土用の入りということもあって、今日は「土用の丑の日」のお話です。

土用

土用は、もともと五行思想に基づく季節の分類の一つです。
五行思想の基本的な考え方は、世界中の全てのものが、
木・火・土・金・水の五つの要素から出来ているというものです。

この五つの要素を、季節ごとに、割り当てているのですが、
春に木気、夏に火気、秋に金気、冬に水気を割当てると、
季節は「四季」なので、四つしか割り当てられません。
そこで、残った土気は季節の変わり目に割当てて、
これを「土用」と呼ぶようになったようです。

ちなみに「土用」をもっともシンプルに言いますと、
春夏秋冬の、各季節の終りの18~19日間のことを指します。
ですから土用が終わった翌日は、立春や、立夏といった、
次の季節の最初の日になるわけです。

今は土用というと夏だけですが本来は全ての季節に土用があります。
(土用は年に4回存在するわけです(^^)

丑の日

丑の日の「丑」は十二支の「子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥」の丑です。
もともとの「暦(こよみ)」では、年・日・時間・方角などにまで、
十二支が使われていて、それぞれの干支が割り振られていました。
今でも、今年は戌年と言ったり、年賀状に干支が登場するのは、
暦の伝統によるものだと、蒲焼小僧は思います。
(今でも、カレンダーに干支の表記を見る事があります。)

さて、暦に従うと「日」に十二支を割り振ることになるのですが、
この「日」に割り振られた十二支は、「子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥」の順番を、
規則正しく繰り返します。(順序の入れ替わりはありません)
ですから、単純に言えば12日に1度は「丑の日」が存在することになります。

また、各季節の終りの18~19日間の中で、12種類の「日」が回ってくるので、
土用の丑の日が、二回存在する年も出てきます。
まさに今年がそうで、土用の丑の日は7月23日ですが、
土用の二の丑として、8月4日も「丑の日」になります。

今年の土用は入りが7月20日、明けは、8月7日です♪
[PR]
by eelsuzumo | 2006-07-18 23:03 | 日記

夏のカラダ

いよいよ本格的に暑くなってきました。
毎日暑いですね、という言葉が、挨拶とともに交わされることも増えて、
後は梅雨明けを待つばかり…。
そして、本格的な夏を迎えることになります。

蒲焼小僧の仕事場、すなわち「厨房」では、エアコンも、
そして扇風機も使っていません。
調理に影響が出るので、材料を冷ますなどの目的以外では、
扇風機は使いません。

ですから、本格的な夏の時期は、本当に暑いです。
タオルと、着替えは、毎日の必需品!
来ているシャツが、絞れるほどに汗をかくのも日常茶飯事です。

自宅には、エアコンも扇風機もありますから、
仕事以外の時間は、普通に快適に過ごしていますが、
職場では、それなりの管理が必要です。
蒲焼小僧の場合、そのポイントは、水分補給とお風呂です。
夏の時期は、朝と夜、一日に二度は入浴します。
お風呂でカラダを暖めて、ある程度汗をかいておくと、
その後のカラダのコントロールが比較的容易で、
暑い所で仕事をしてもバテにくいのです。

後は、水分補給です。
基本は水と、日本茶です、冷たい飲み物ばかりでは、
胃に負担も大きいので、日本茶を併用します。
熱い日本茶が良いのでメインにしますが、
ちょっと冷ましてぬるくなった日本茶をあわせて飲むと、
アレンジになって、飽きがこないので、便利です。
後は、塩分やミネラルの補給のために、スポーツドリンクが加わります。

こうしてうなぎ屋は、夏に暑い場所で仕事をするための、夏のカラダを作るのです。

注:蒲焼小僧の個人的な方法です。
  必ずしも全ての人に当てはまるわけではありませんから、ご注意ください。
[PR]
by eelsuzumo | 2006-07-15 10:27 | 日記
毎日暑い日が続いて、蒸し暑く寝苦しい日々です。
こんな時は、食欲も落ちやすくなりますし、
当然、体力や、スタミナにも影響が出てきます。

暑い時はどうしても、冷たいもの、さっぱりしたもの、
口当たりの良い物に、手が伸びてしまいがちなのですが、
そういうものばかり食べているわけにも行きません。

そんな時の蒲焼小僧は、基本的に「粘るもの」を食べます。
植物質で粘るものを、食べるように心がけています。
(単純に好きだからというのもありますが…(^^;)
山芋・納豆・モロヘイヤ・オクラが代表的ですが、
今日はオクラです↓
f0078499_9523244.jpg

最も簡単に食べるなら、小口切りにして湯通し、
お醤油と鰹節でいただきます(^^)

他にも…油でサッと素揚げにして、カレーに入れてみたりするという手もあります。
この場合、茄子やピーマンなどもいれると、ぐっとボリュームが出ます。
(カレーは夏に、熱い物・辛い物を積極的に摂るのに便利です)
[PR]
by eelsuzumo | 2006-07-13 10:02 | 賄いの話

夏本番に向けて…。

夏本番を迎えると、うなぎ屋は飛躍的に忙しくなります。
夏を乗り切るためのスタミナ源は、やっぱり「うなぎ」ですが、
そうそう気軽に、口に出来ないことも起こります。
うなぎが売れて、仕事が忙しくなれば、
自分たちの食べる分を確保することはありません。

当然のことながら、お客様最優先です!
そんなときに、手軽にスタミナをつけるには、肉類も口にしますが、
蒲焼小僧の場合は、マグロです。
f0078499_1773050.jpg

赤身の魚は鉄分も多く、しかも夏の食欲のないときでも、
冷やすことによって口当たりがよくなりますし、
何より、手軽なのです。
中でも、お刺身、ヅケ丼、は、便利に食べています。
他には、ニンニクを効かせたタレに漬け込んで、焼物にしたり、
そのままご飯にのせて、丼にしたりするのも、なかなかです。
(お嫌いでない方は、お勧めかもしれません。)

それから…二日ほどブログのアップをお休みしました。

予め、申し上げておく方が良いと思うので…、
おそらく、夏季の繁忙期の間は、なかなかブログがアップできないかと。
しかも、最大のイベント日の土用の丑の日までの間は特に、難しいです(^^;)

大変申し訳ありませんが、ご理解をいただいて、宜しくお願い致します。
でも、なるべく頑張るつもりなんですけどね(^^)
[PR]
by eelsuzumo | 2006-07-10 17:10 | 賄いの話

枝豆の実物

枝豆をゆでました。
蒲焼小僧が枝豆をゆでるのは、実は今年初めてです。

ようやく地元の、しかも地物の枝豆が手に入りました。
(三保産:砂地栽培枝豆)

砂地で育った枝豆で、実入りも良く、粒が大粒で、
しかも、豆自体の欠損が少ないのが特徴です。
f0078499_16363151.jpg

枝から外して、冷蔵保存用のバッグに入れたところです。
1度にゆでない分は、枝から外して、劣化を防ぎ、
水分が飛ぶのを防止するために、密封して冷蔵します。

f0078499_16394199.jpg

ゆでて、塩味をつけた昆布出しに漬け込んだものです。
このまま冷蔵することで、じっくりと、出しの旨味と塩分が入って行き、
ふり塩を一切しなくても、塩分を感じるようになります。

枝豆をこの状態にする作業は、以前のブログで紹介させて頂きました。
作業内容の詳細は以下を参照してください。
酒の肴~枝豆の話
[PR]
by eelsuzumo | 2006-07-07 16:41 | 酒肴の話

お茶うけ

知人からのお土産で、「ういろう」を頂きました。
仕事の合間の休憩時間に、お茶を飲みながら、お茶うけとして、
少し食べるのに丁度良いので、ありがたいです。
f0078499_1133522.jpg

箱の外観は、こんな感じです。
頂いたのは、抹茶味!お茶のテイストは基本的に好きなので、
(お茶の香りが好きですね☆)
蒲焼小僧としては、嬉しい限りです。

ちなみに、蒲焼小僧は、お酒も好きで、飲みますが、
甘いものも、嫌いではありません。
過剰に甘いものはともかくとして、甘さ控えめ系は、
口に合うものも多くて、好んで食べます。

パッケージを空けて、中身を出すと、こんな感じ。
しっかりお茶の色♪常温保存可納な品なので、すぐに食べれるのも、OKです!
f0078499_1134880.jpg

立ったままで、お茶だけ飲んで、ちょっと甘いものをつまんでエネルギー補給というのは、
日常、よくあるのですが、仕事の合間のほんの少しの短い休憩が、
気分をリフレッシュしてくれて、また仕事に向かえます。
このういろうは、それほど甘すぎず、手軽につまめてありがたかったです。
[PR]
by eelsuzumo | 2006-07-06 11:18 | 日記